今度こそXserveにeSATAボードを取り付ける。

バッファロー8TBでバックアップするその6

 

その後も

秋葉館オリジナル Mac用 eSATA-PCIEXカ-ド [AKB-eSATA-PCIEX] と

同じドライバー「SiliconImage3132」を使用している他社製品のサポートに

「ボードを取り付ける前にドライバーをインストール」うんぬんの記述を見つけたので

この↓くそ長い(比較のためにキーボードを置く)Xserveを何度も出し入れして

ボードをはずしたりつけたりして試したがやはりダメ。

P1000420

素人ながらもう一度Xserveの仕様書を見返す。

 

スクリーンショット(2010-10-26 3.58.34)

何のこっちゃあいかわらずさっぱりわからないが

とりあえずExpressに2.0と表記のあるものを探すことにした。

これでダメなら本当にあきらめようとアマゾンで買う。

ePCI SATAIII (MEPI-6G02) 

P1000669

 

結果

ドライバーインストールなしで認識。

ピクチャ 2

しっかり5.5TB全部認識しております。

ピクチャ 3

ここで試しに83GBをコピーしてみると約22分。

USB2.0のときは138GBに約8.5時間かかっていたので

計算すると22分で約6GB

なんと約14倍も速いことになります。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中