GPSが消えた日

スクリーンショット 2011-07-26 2.53.14

↑ 38km〜54km付近、GPSがトレースしていない。

 

あっちい日だった。

さすがの熊谷付近は土手を渡る風も熱風だった。

夜のニュースで知ったがこの日は伊勢崎で38度を超えたということだ。

伊勢崎は「いせざき」ではなく「いせさき」だというのをこの日初めて知った。

50kmを過ぎたあたりで、私はもう自力では戻れない非力さを悟った。

ちょうどいいことに輪行袋を持参していた(笑)

なので伊勢崎から電車で帰ることにする。

夕方の電車上りルートを選んだので社内はガラガラだ。

IMG_0870

 

帰ってRunkeeperのルートマップを見て驚いた。

利根川をジャブジャブ斜行している。

GPSのことはなんとなくしか理解していないが

土手の上だから遮るものはないはずだし

これはGPS衛星が上にいなかった時間帯とか?

ソフトバンク3Gの空白地帯とか?そういうのも関係する?

iPhoneの性能?Runkeeperの性能?

それともiPhoneのバッテリーが少なかったから?

誰か知ってる人教えてください。

 

出発時90%程だったiPhoneのバッテリーは

GPSを拾い続けて伊勢崎駅に着く頃には約5時間で10%になっていて

あわててエネループ(KBC-L2BS)で充電した。

 

7月16日11:30〜4:30頃/約65km。Runkeeperによる表示はこちら

※自宅から離れた所から計測を開始しているので

Runkeeper上の距離とは違っています。

 

 

GPSが消えた日」への3件のフィードバック

  1. それはGPSが消えたのではなく
    赤いインクが無くなったのです。
    神様があまり文明の
    利器に頼り過ぎるなという警告
    でもあります。
    今回の中国の列車事故もしかりです。
    まずいことがあれば
    穴を掘って埋めて隠せばいいんです。

    いいね

hohota にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中