VMware FusionにMac OS X Server 10.5を入れる

10.7でDTPその2

 

スクリーンショット 2011-07-25 23.41.51

↑ Mac OS X 10.7の中のMac OS X Server 10.5

 

PowerPCの会計ソフト「TRUE会計」がLionでは起動すらできないので

たまたま余ってたMac OS X Server 10.5を「VMware Fusion 3」に入れてみることにした。

ライセンスの関係とかなんとかでMac OS Xは入れられないが

OS X Server 10.5とOS X Server 10.6は可能らしい。

 

インストールは無事終わり、再起動するとなんと

自動ログインを設定したにもかかわらず、ログイン画面が現れて

おまけに「アカウントとパスワードが違う」と受け付けない。

30分以上かけて再インストールしてみたが同じ。

「VMware Fusion 3」がおかしいのか?と

「Parallels Desktop 6」の試用版をダウンロードして試してみても同じ現象。

これはOS X Server 10.5のインストールディスクがおかしいのだと気づき

再起動する前にソフトウェアアップデートを徹底したところ解決しました。

4度もインストールするという無駄な時間を使ってしまった。

 

ところが

「Parallels Desktop 6」では仮想OS X Server 10.5上のウインドウでコマンド+W(閉じる)キーを押すと

「Parallels Desktop 6」自体のウインドウが閉じようとする。

どこかに設定があるのだろうか?

これはたまらんと3度め「VMware Fusion 3」にトライする。

手順通りにソフトウェアアップデートを重ね、再起動して

「TRUE会計」も使えるようになりました。

ただAirMac経由のせいかプリンタ(EPSON EP-302)は設定できず。

「pdfとして保存」して10.7からプリントすることにします。

とりあえず今期の決算まではこれでなんとかもたせるかなあと。

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中