新聞配達成田闘争へ行く

新聞会社の垣根を越えて

新聞奨学生は横の交流が頻繁だった。

 

N新聞は割と朝が遅くてもOKだった。

N新聞の購読者は会社が多かったので

会社が始まる時間までに届けてあればセーフなのだ。

新聞奨学生やるならぜったいN新聞を選ぶべきだ。

 

 

私の販売所の前を王子から十条へ続く道路が走り

その道路を挟んで真向かいがA新聞販売所。

そこのM君は黒磯出身。

 

横の繋がりよろしく、その日もその別新聞販売所のM君と

いつものように東十条のパチンコへ行き

帰り道、線路をまたぐ駅通路を渡ったとき

ビラを手渡された。

 

その後、その人たちは一週間に一度「勉強会」と称し

それぞれのアパートにやって来るようになった。

 

詳細な経緯はもはや憶えていないのだが

“気がつくと”、私とM君は成田にいた。

三里塚闘争がニュースになっていた頃の話だ。

ただ、ヘルメットにサングラス・マスクというハードなものではなくて

普通にデモ行進するようなものだった。

 

それでもその後、

公安にマークされているのではないか

普通に就職できないのではないかという思いが

しばらく頭の片隅を離れなかった。

 

参考リンク

三里塚闘争 – Wikipedia

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中