新聞配達失恋する

 

高校の頃から好きな人がいた。

1コ下の学年だった。
彼女に好きな人がいるのは知っていたので
片思いだったのは間違いない。

 

 

私が田舎を離れてからは手紙をやりとりし
1年後彼女が上京してからは、こちらで幾度となく会って
例えば待ち合わせに1時間も遅れてしまった時でも
待っててくれた。

ある日、海に行きたいと言った。
江ノ電に乗って冬の海を見に行った。
察するに彼との思い出の地らしかった。

何年かたったクリスマスイブに新宿で飲んで
終電が無くなった彼女はうちへ来て
そこで私は打ちあけてあっさりふられた。
そんな朝も容赦なく朝刊配達はやってくる。
配達から戻ると彼女は消えていた。

ダメだったけどスッキリしている。
思いを伝えた自分を褒めてやりたい。

数年後、風の便りに結婚したことを聞いたが
この風はどこから吹いてきたんだっけ?

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中