Parallels Desktop 上のWindows8.1を10にアップする

Windows10への無料アップグレードが始まったらしいので

Mac Book Pro のParallels Desktop 10 で使用している

Windows8.1をWindows10にアップしようと思いたった。

act2サポートブログによると「無料アップグレードの予約」をするんだそうな。

ところが私の環境ではいっこうに

この↓予約するアイコンが現れない。

スクリーンショット 2015-07-31 1.34.15

 

Q&Aとか調べて更新プログラムをあててみても現れない。

もしやと思い行きついたのがWindows10のシステム条件。

仮想マシンのメモリ1GBだったのを2GBにしたらOKでした。

以下、予約などせずにアップグレードした手順を記録しておく。

 

1

ParallelsのコントロールセンターからWindows8.1のギアアイコンをクリック

スクリーンショット 2015-07-31 2.01.02

 

2

メモリを2GBに変更する。

(アップグレード後のスクリーンショットなのですでに2GBになっています)

※Windowsをシャットダウンしてから行うこと。

スクリーンショット 2015-07-31 1.43.28

 

3

この後Windows8.1を起動すると

無事「Windows 10 を入手アプリ」アイコンが現れました。

これで10にする条件はクリアしたのだろうと判断し

次に「予約」せずにOSをダウンロードしてインストールします。

 

4

こちら↓のwebを参考にしました。

Windows 10のアップグレード方法 ダウンロードサイトからが最速 – ライブドアニュース

「・ Windows 10 のダウンロード サイト」へ飛び

スクリーンショット 2015-07-31 1.57.07

後は指示通りでOKでした。

 

参考リンク:

Windows 10 へのアップグレード- Windows 10 にアップグレードする方法 – マイクロソフト

Windows 10 FAQ – マイクロソフト

Windows 10 ISO

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中