Mac mini2018をCinema Displayに繋ぐ。

さて、前回修理に出していたMac mini 2018が帰ってきた。
これを余っているモニタ「23インチApple Cinema HD Display」に繋ぐことにしたのだが
えらい手こずったのでメモしておく。

ヨドバシwebで1個目の「HDMI to DVI Adapter」を購入。
映ることは映るが画面の端に赤いラインが見える。↓

下の画像では見づらいが、ウィンドウを動かすと残像が残る。↓

これが不思議と、Mac起動のままHDMI側を抜き差しすると、直ったりする。
端のラインは消えるが、画面全体がちらつくときもある。

使えるみたいに書いてあったし↓

DVI側に挿すときにややきつく感じたので、
これはもしかしたら不良品かと思い
webのAppleストアで2個目を注文する。

同じであった。
2個も買ってしまった。↓

いろいろ調べて結果、落ち着いたのがコレ↓

Amazon | Club3D DisplayPort to DVI-D DUAL LINK Active Adapter アクティブアダプタ(CAC-1010) | CLUB3D | 変換アダプタ …

23インチ用なら DUAL LINK でなくても良かったかもしれないが
うちでは30インチの「Apple Cinema HD Display」もまだ現役なので
コレにしておいた。

ちなみに30インチにも繋いでみた。↓

30インチに繋いだ初回はモニタ解像度が 1280×800だが
キーボードのoptionを押しながら「変更」をクリック(2回だった?)すると
隠れた解像度 2560×1600 が現れる。
現れないときはUSB-Cがしっかり奥までカチッと刺さっていないかも。

その後、棚の上に無造作に置かれていた「HDMI to DVI Adapter」をもう一個発見。
そういえば、透明フレームのApple Studio DisplayとMac mini 2018を繋いでいた。
このモニタは2019年7月に画面の下半分が映らなくなってやっと捨てた。
新しいモニタはHDMIだったので、そのときにアダプタが不要になったのだ。
たしか当時の接続は、
Mac mini 2018 → HDMI to DVI Adapter → DVI to ADC Adapter → Apple Studio Display
もうアダプターだらけだ!!

Mac miniがちょうど1年で死亡する。

新年明けて出社した初日
Mac mini 2018 黒サーバーが死亡していた。
あらゆる手を尽くしたが、電源すら入らない。

2018年の暮れに購入したやつだから
ちょうど1年保証が切れた頃に壊れたことになる。

今までさんざんMacを使ってきて
グレー画面から進まないとかはあったけど
電源すら入らないのは、この27台目が初めてだ。
24時間365日つけっぱなしだからか?
でも先代のMac mini サーバーも同じような運用をしていたけど
4年は使ったし、未だに現役で動いている。

その日のうちにジーニアスバーへ持ち込んで
「パワーサプライを交換してみます。見積18,700円(税込)」で4〜5日後
「直りませんでしたのでロジックボード交換します。」で追加1週間。
請求はロジックボード交換代だけで40,700円(税込)なり。

仕事のデータは全て外付けHDDに入れて、サーバーに繋いでいたので
このHDDを他のMacに繋いで応急サーバーでしのいでいたが
パワーサプライ交換で直らない時点で、新しいMacを買うことにした。

カスタマイズしたかったけど、webのAppleストアだと納品に時間がかかる。
路面店のAppleストアでは標準モデルしか置いていないとのことだ。
運良くヨドバシwebで翌日配送「Mac mini 2018 3.2GHz 6コアi7 32GBメモリ」を発見。
すかさず28台目を注文する。

これまで調子悪くても、なんとか自分で直してきたので
AppleCareには入ったことがなかったけど
今回ばかりは懲りたので追加することにした。
ヨドバシwebでAppleCareを追加すると翌日配送ではなくなるので
後日、webのAppleストアで追加した。

古いiPodを修理する。

1

 

2005年発売のiPod(第5世代)の液晶がまっ白になってからもう何年も経つ。

でも、トヨタ車のナビシステムに繋いで、ナビの画面から選曲できるので

画面が表示されなくてもほとんど困らなかった。

 

それが最近、ついにナビシステムに認識されなくなった。

バッテリーがへたっているのか?と思ったが

なにしろ画面がまっ白なので充電残量を確認できない。

 

「iPod のバッテリー寿命を正確に調べる方法 – Apple サポート」

をやってみたらやっぱりバッテリーが弱っているもよう。

修理に出してみよう。

この際、液晶も直してもらおう。

 

ところが修理金額を調べると

バッテリーと液晶交換で、新型iPod nanoが買えてしまいそうではないか!

 

ということでダメ元で自分で直してみることにした。

液晶パーツが2,500円、互換バッテリーが1,300円

これなら3,800円で済むではないか!

 

続きを読む

MacBookのバッテリー膨張を修理に出す。

息子のです。

IMG_2753

 

重ねて言いますが息子のです。

私ならここまで放っておかない。

IMG_2754

 

膨らみはじめてクリックができなくなり

バッテリーが完全死亡しても電源コードで使い続け

そのうち膨張が進んでトラックパッドは割れ

底部も膨らんでテーブルに置いたらガタガタいう。

いっこうに修理に動かないし、発火もたまにあるみたいだから

私がこのかわいそうなMacBook Pro 15インチ Early2011 を

アップルストア銀座に持ち込んだ。

 

続きを読む

どこでもMyMacの恐怖

MacOS10.5からついた「どこでもMyMac」という機能。

参考:ASCII.jp:ここがポイント! Leopardの新機能に迫る 6. どこでもMy Mac

これは外出先でもMobileMe IDをたよりに、自分のMacにアクセスできるというもので

画面共有にチェックをいれておけば、

そのまま外出先のMacから自分のMacを操作できる。

↓これが画面共有しているところ

スクリーンショット(2010-10-27 10.59.20)

共有画面の大きさは、接続しているモニタの解像度が反映されるようで

上の画像の場合は、30インチに15インチを呼び出したところ。

 

これが、とんでもないことになる場合がある。

続きを読む

Xserve RAIDの中古を買う

P1000636

仕事のデータを入れてあるXserve RAIDがあと1/3ほどの空きになり

空き6スロットに、いずれはハードディスクを増設したいところだが

もはやアップルではXserve RAIDは生産終了。

ハードディスクモジュールすら手に入らない。

生産終了時に買っておくべきだった!

続きを読む

Xserveミラーエラーえらーいこっちゃ

ピクチャ 11

XserveのミラーリングRAIDしているHDの1台がエラーを起こしていた。

なんでも新しいHDに交換・再構築すれば良いらしい。

新しいHDを送ってもらうべくアップルサポートへ電話する。

かいつまむと、「(下記赤丸の部分が)グリーンランプならHD自体は無事だ

スクリーンショット(2010-10-08 0.35.52)

(何かの都合で)RAIDが外れているだけなので、再構築してください。」

とのこと。

とりあえずひと安心して、念のため「Carbon Copy Cloner」でまるごとバックアップ後

再構築ボタンを押す。

ところが「エラーで再構築できませんでした。」とのメッセージ。

仕方ないのでヘルプに従ってRAIDをいったん削除しようとしたが

「削除」ボタンがグレーアウトで押すことができない。

参考:Apple Discussions – Japan- RAIDのセットが削除できない。

 

エラーHDを初期化してもダメ、再構築もできない。

削除すらできないなんて!

いろいろ四苦八苦した後

困ったときの再起動してみたらあっさり解決でした。

初期化したHDは今度はちゃんとRAIDセットから消えていて

改めてRAIDセットへ追加、再構築ボタンで再構築が始まりました。

2時間ほどでミラーリング復活しました。

ピクチャ 10

iPadの幻想

アップル好きな私だが、不思議とiPadには食指が動かない。

あれで何をやれというのかわからない。

たしかにiPhoneでは画面がちっちぇーと思うことはある。

iPhoneがなければ買っていたかもしれないが

それでも前に書いたようにあの大きさを持って歩く気にはなれない。

iPadは今は単なる"ブーム”なのではないかと思ってしまう。

 

それよりも、Mac Bookをあんなかんじの

一枚板でタッチパネルにして欲しい。

スグ飛びつきます。

 

(by hohota)