ドロボーの過剰梱包

IMG_1617

上左がDrobo(ドロボと読むらしいが、最初にドロボーと読んでしまってからなかなか抜けない)
右がバッファローの8TB。

 

サーバーのデータを2年間休みなく「Time Machine」でバックアップし続けた

バッファローの8TB(HD-QL8TSU2/R5)が時々カチャカチャ言うので

新しい外付けHDDに替えることにした。

続きを読む

Pegasus R6のHDDを交換する

サーバに接続して、仕事のファイルがたんまり入っている

Pegasus R6が警告マークを表示していた。

普段めったに見ない「Promise Utility」をたまたま開いたら

オレンジマークになっていたので、たぶんもっと前からなのだろう。

どうやら「もうすぐ壊れるかもよ」と言ってるらしい。

スクリーンショット 2012-08-22 12.00.29

そのまま夏休みに入ったりなんだかんだで

Promiseサポートへ電話したのは3週間後だった。

続きを読む

Pegasus R6 早くも赤ランプ。

Mac mini Server その5

スクリーンショット 2011-09-29 2.40.48

 

まだ2週間も使ってないのに

Pegasus R6 がピーと鳴りだした。

見ると上から5本目のHDDが赤ランプ。

 

Promise_Utility で確認しようとしてもフリーズしている。

Pegasus User Manual は English だ。

とりあえずOFFにしようと電源ボタンを長押ししても終了できない。

サポートもちょうど18時を過ぎてて時間外だ。

その間にも、外に聞こえるほどのピーが鳴り続ける。

buzzerが鳴るように設定した(たぶん)のを後悔する。

この音にすっかり冷静さを失ってオロオロして

ついにコンセントを抜いてしまった。

続きを読む

Mac mini を 30インチディスプレイに繋ぐ

Mac mini Server その3

 

サーバーは起動してさえすればいいのでモニタは特に必要ないと思う。

いざとなれば「画面共有」で操作することも可能だ。

スクリーンショット 2011-09-27 1.43.35

ただサーバー上のTime Machineを使用してファイルを復元するときに

何らかのモニタが繋がってない(仮想ディスプレイの状態だ)と

この「画面共有」ではTime Machineがうまく動作しないみたい。

これはOS10.7に限ったことでなくて、以前からそうだった。

続きを読む

どこでもMyMacでサーバーを遠隔操作する

MacOS X Serverにはもともとサーバモニタという遠隔操作するツールがついてきて

これによって他のMacから電源を入れたり終了したりができる。

スクリーンショット(2010-10-27 4.08.35)

 

会社のサーバーは、社内ファイルサーバーのほかに

大きいデータなどをダウンロードしてもらう用のwebサーバーも兼ねている。

土日にこのデータをダウンロードする人はいないだろうと思うが

万が一のために休みの日も自動起動するようにしているので

熱くなるXserve対策に、真夏は休日もエアコンつけっぱなしになる。

実にエコではない。

自宅から必要なときだけサーバーONできればなと思うのだが

さすがに固定IPアドレスとやらをもっていないと

このサーバモニタで自宅からアクセスはできないみたい。

 

で、前回のつづき

どこでもMyMacを利用することを考える。

続きを読む