Thunderbolt Express Dock でスピーカーからブツッ

IMG_1821

 

 
デスクトップ Mac Pro (Early 2008) から

ノート Mac Book Pro に換えて実に自由になった。

どうしても持ち帰らなければならない仕事も

Mac Book Proさえ持ち出せば、ほとんど何の準備もなしに

会社と同じ環境がお持ち帰りできるのだ。

画面の狭さは、会社と自宅でそれぞれ30と20インチの

ディスプレイに接続することで解決する。

 

ただ、会社に入ってからのケーブル接続が若干煩わしい

と思うようになってきた。

人間は贅沢になっていくのだ。

 

 

IMG_1826

上から

・電源コード

・有線Ethernet用アダプタ

・ディスプレイ接続用アダプタ

・ディスプレイ用のUSBコード

・スピーカーへのコード

 

 

あるメチャクチャ忙しかった日の深夜

私はかねてから目を付けていたものを

衝動的にポチッとしてしまった。

発売を待ったわりにはあまり良くないという評判も聞いていたので

夏発売予定の他社製品「CalDigit Thunderbolt Station」を

待つつもりでいたのにだ。

それが、ベルキン「Thunderbolt Express Dock」。

IMG_1824

 

結果、接続するコードは5本から2本というお手軽さになった。

IMG_1823

 

これはラクちんと思うのもつかの間

Thunderbolt Express Dockに繋いだスピーカーの音が気になり始める。

・起動するとき

・スリープするとき

・スリープから復帰するとき

以上の時にスピーカーからブツッという通電音?が鳴るのだ。

 

起動するときは許せるとしても、自動スリープするときというのは

だいたいがまったりして油断しているときである。

そんなときにドッキリするには充分な音だ。

 

この製品に限ったことではないのかもしれない。

他社製品でも同じ事が起きるのかもしれない。

元々3ピンのコンセントだからアースが必要なのかもしれない。

もしかしたらスピーカーのせいかもしれない。

そのうち慣れてしまうのかもしれない。

 

いずれにしても機能や使いやすさだけでなく

こんなちょっとした心地の善し悪しが気になるのが人間なのだなあと

あらためて思った次第です。みつを。

 

参考:

【【連載リレーコラム】買い物山脈】ベルキン「Thunderbolt Express Dock」でMacのインターフェイスを拡張

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中